androidのアプリ開発をしよう|そのときの注意点を紹介

アプリ

スマホのアプリ

アプリケーション

開発するためには

スマホのアプリ開発を行うための環境はフリーで公開されており、パソコンさえあれば誰でも自由に作成することができます。このため個人でアプリ開発を行っている人も多くみられます。また以前は個人で開発したソフトウェアは流通させるのが難しく商品として売るのが困難でしたが、現在ではオンラインアプリストアを使うことで簡単に収益化することができます。アプリ開発をする際には、開発環境を整える必要があります。流通しているOSとしては、androidとiOSがもっとも多く、この2つを主軸に開発するのが無難です。特にandroidのメリットとしては、オンラインアプリストアの審査基準が緩やかですので、自由度の高いアプリを作ることができます。iOSでは審査に通らないこともあるので、開発する前の企画段階から考えておく必要があります。androidのアプリ開発の手順としては、開発環境を整えることで、パソコンとオンラインで公開されているandroidstudioとJavaの開発環境です。androidstudio以外でもEclipseと呼ばれる開発環境もありますが、いずれにしてもJavaによるプログラミングが必要です。開発環境が整えばどのようなアプリを作るのか企画し画面デザインやフローチャートなどを作り、それらをもとにプログラミングを行います。なお、企画やデザインを行いプログラムだけを外注するという方法もあります。完成したアプリは入念にテストをしたあとアプリストアに登録することで配布することができ、また収益化することが出来ます。